目次

大分県青年海外協力協会 > 国際交流

大分県出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 国際交流

国際交流調理・食事会

大分大学の留学生(10カ国)32名と日本人学生、協力隊OBOG、一般社会人の総数60名以上が参加。大分市コンパルホールに集い、皆で各国自慢の料理を作り、最後には互いの料理を食しながら交流を深めました。

大分県青年海外協力協会 26-1.jpg 大分県青年海外協力協会 26-2.jpg

16年度2次隊表敬訪問・壮行会

大分県出身の協力隊H16-2次隊出発隊員8名による県知事表敬訪問が行われました。(石川公一副知事が代理接見)
また、夕刻には壮行会が行われ協力隊OBOGとの懇談に大いに盛り上がりました。

<出発隊員8名>
三浦由紀子(ニジェール・小学校教諭)/村田麻利子(ジャマイカ・竹工芸)/伊藤藍子(パラオ・小学校教諭)/簀戸由紀(ネパール・看護師)/中村 文 (ルーマニア・養護)/原 啓一 (マラウイ・家畜飼育)/竹村光春(マラウイ・稲作)/近藤史章(ハンガリー・柔道)

大分県青年海外協力協会 25-1.jpg 大分県青年海外協力協会 25-2.jpg

『NPO法人九州海外協力協会』設立記念パーティー

特定非営利活動法人「九州海外協力協会」設立記念パーティーがご来賓・一般および協力隊を始めとする各JICAボランティア事業のOBOGの皆さんなど総数250名を超える出席者が集う中、福岡国際ホールにて盛大に挙行されました。

九州各県青年海外協力協会・OB会などは、協力隊事業に参加して培った貴重な体験を活かし、地域の国際化に寄与する事を目的に任意団体として昭和40年代にそれぞれ発足しました。以来、ボランティア事業の体験者集団として開発途上国の実情や文化の紹介を通じて地域住民の異文化・国際理解の促進に寄与すべく活動を展開して来ました。

これまでの活動を省み今後の役割を議論する中で、「私達が培った多様な価値観と様々な体験を背景としたネットワークは、日本社会、国際社会の期待に応える一翼を担う貴重な人材を持ち合わせていると共に、九州地域をモデルとして発信すべき」との認識を得ました。そして、この力を最大限に活用すべく各県協会・OB会を組織化し、より責任所在の明確化と公正な運営を図るため平成16年3月27日に設立総会を開催し、九州地域の特性を生かした新たな特定非営利活動法人を設立することとなりました。

大分県青年海外協力協会 24-1.jpg 大分県青年海外協力協会 24-2.jpg

ページ移動