目次

大分県青年海外協力協会 > 国際交流

大分県出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > 国際交流

九州キャラバン隊総括イベント (福岡)

 青年海外協力隊応募促進支援キャンペーンとして本年3月から熊本県を皮切りにスタートした九州キャラバン隊の総括イベントが福岡市福岡国際ホールにて開催されました。
 第一部では、NPO九州海外協力協会によりキャラバン活動の様子が簡潔にかつ具体的に説明され、またこの活動を通しての成果や今後に向けての課題も報告されました。
 第二部では、昨夏ガッシャブルムⅡ峰(GⅡ)で大規模な雪崩に遭遇し重傷を負いつつも奇跡的に救出され、帰国直後に再び日本人初の8,000m峰14座完全登頂を目指す、登山家の竹内洋岳氏(1971年東京都生まれ)による講演が行われました。
 また、続く第三部では参加者全員による交流会が行われました。

大分県青年海外協力協会 77-1.jpg 大分県青年海外協力協会 77-2.jpg 大分県青年海外協力協会 77-3.jpg

ひじ産業文化まつり 「青年海外協力隊活動紹介パネル展」

 (社)青年海外協力協会(JOCA)による協力隊広報・応募促進事業の一環として実施された九州キャラバン隊が6月9日に日出町役場を訪問したのが切っ掛けとなり、本年の「ひじ産業文化まつり」(11月1日,2日)へ参加し「青年海外協力隊活動紹介パネル展」を行いました。

 初日は人の寄り付きも疎らでしたが、二日目は協力隊広報DVDの音や表看板設置変更等の工夫が功を奏したのか、幅広い年齢層の人たちが立ち止まり、パネルを閲覧したり、話を交わしたりとそれなりの反応があった様です。(協力隊およびシニアの募集要項の持ち帰りも多くありました。)

 その他に、今回の企画に発案者である鈴木OBが任地タンザニアから持参した東アフリカのゲーム盤「バオ」(下の写真参照)は多くの人の興味を引いていました。

大分県青年海外協力協会 76-1.jpg 大分県青年海外協力協会 76-2.jpg 大分県青年海外協力協会 76-3.jpg

「おおいた国際協力啓発週間 in 2008」 世界を聴こう・食べよう・体験しよう!

 大分わさだタウン隣の大分市稙田公民館にて開催されました大分市主催の「おおいた国際協力啓発週間 in 2008」のイベントに当協会として参加し、「世界を聴こう・食べよう・体験しよう」のプログラムの中で協力隊OB・OGによる"帰国体験報告会"および"食文化体験&民族衣装試着"などを行いました。

  ◎ 青年海外協力隊帰国隊員による体験報告会
     ① 岡部智栄 (H17-2、コロンビア・ソーシャルワーカー)
     ② 足立順一郎(H17-3、ジンバブエ・農業機械)
     ③ 松井絵理 (H18-1前、モンゴル・青少年活動)
    音楽演奏
     ④ 疋田智子 (H17-3、ニカラグア・助産師)
  ◎ 食文化体験&民族衣装試着

 帰国隊員による体験報告会および音楽演奏では、何れの体験談も内容に富み、会場に参集頂いた一般市民約30名の目と耳を終始釘付けにする様な素晴らしいものでした。
 また、その後の食文化体験&民族衣装試着では、任国数カ国の料理を通して夫々の食文化の体験、また任国の民族衣装を着ての写真撮影等で大いに世界の異文化を体験して頂くことが出来ました。  

ページ移動