目次

大分県青年海外協力協会 > みんなの交流広場

大分県出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > みんなの交流広場

九重町便り(その2)

大分県青年海外協力協会 259-1.png大分県青年海外協力協会 259-2.png

九重町便り(その2)!!
何でも好きな分野を投稿していいということなので、月一回か二回
好きなので料理とか読書日記とかやっていこうと考えています。出来るだけ皆さんに役立つ内容になるように工夫したいと思っています。

★料理っこ 1
世界で一番美味しい料理は何だと思いますかと聞かれたら、皆さんはどう答えます? 日本食、フランス料理、中華料理、韓国料理、はたまたアフリカの料理、、、? 答えは人それぞれですよね。
 私だったら、ネパール料理です。ネパール料理が世界で一番美味しいと思っています。365日出されても平気です。ネパール料理の作り方は簡単なので、ぜひ、皆さんも一度作って見て下さい。

〇ネパール料理
基本香辛料~ターメリック、クミン、レッドペッパー(赤とうがらし)、ブラックペッパー、コリアンダー(←A-PRICE店にあります)
にんにく、しょうが

★チキン・カレー
材料【材料】(3人分)鶏肉:300gくらい
 香辛料等の量は適当です。今日作ったとき、このくらいかな~と計ったものですので、目安にして下さい!
たまねぎ:大 半分、しょうが:1かけらの半分、サラダ油:大さじ 2 、レッドペッパー:小さじ  1、ブラックペッパー:小さじ 1、塩:中さじ 山盛り1 ぐらい、ク
ミン:中さじ 1.5 、ターメリック: 中さじ 2、にんにく: かけら2つ 、コリアンダー:小さじ1.5

作り方
①鶏肉は適当な大きさに切る、たまねぎは薄切りにしておく。にんにく、しょうがはみじん切り。
②フライパンにサラダ油を入れる。サラダ油が熱くなったら、ターメリックを一気にいれる。すこし経って、ターメリックの色が変わったら、肉を入れ、炒める。肉の表面の色が変わったら、たまねぎを入れて炒める。にんにく、しょうがを入れて、炒める。
③たばねぎがしんなりとしたら(私の場合は、たまねぎに熱が通ったら)、香辛料をすべて入れて、混ぜる。
④香辛料がなじんだら、水を入れて中火で15分くらい煮込んむ。(水の量はコップ200cc 2杯)
⑤最後に塩を入れて味を整える。

★★「物事に執着するのがダメなのです。良縁はナントナク進みます」(←私が尊敬している方の好きな言葉です)これから、皆さんと良縁が作れたらなと思っています(><)
ネパール隊員OB 高村祥司~toyo

九重町便り①

大分県青年海外協力協会 254-1.jpg大分県青年海外協力協会 254-2.jpg大分県青年海外協力協会 254-3.jpg大分県青年海外協力協会 254-4.jpg

高村OBからの投稿です。以下本文を掲載します。

九重町便り(その1)!!

九重ふるさと自然学校は九重町の飯田高原にあり、ベトナム隊員OGの池田さんが勤務されています。活動内容の詳しくは九重ふるさと自然学校のホームページを見て下さい。
http://www.7midori.org/katsudo/sizen/kokonoe/detail/index.html とっても大切な仕事をされています!!

★体験リポート
7月3日に朝9時から、 九重ふるさと自然学校で、第2回トキのすめる田んぼづくり「ヒエ退治(雑草取り)と生きもの観察」があり、参加させてもらいました。でも、トキのすめる、てどういう意味?池田さんに聞いてみると、飯田高原を20,30年先にトキが棲めるような自然環境にするが目標みたいです。凄い、壮大な目標!!
朝からあいにくの天気、雨でしたけど、福岡、大分県から家族連れの14人の参加者。何人かは毎回熱心に参加されているみたいです。田んぼは、手が込んでいて、牛糞、鶏糞がたっぷり。有機無農薬です。田んぼの中をよく覗いて見ると、たくさんの小さな生物が生き生きと泳いでいる。田んぼに土のにおい。感動ものです。一見の価値あり!
参加した子供は、学校のスタッフに学びながら、泥んこ田んぼ雑草取り、虫取り網を持って昆虫採取、水遊び、今日は大忙し!いくつ昆虫の名前を覚えたかな? 夜はぐっすりでしょう
個人的には、昼食に出された鶏の地獄蒸しとこの農園で作ったお米が美味しかった。また食べたいな~。 次回は10/1稲刈りと脱穀みたいです。

ネパール隊員OB 高村祥司~toyo

ページ移動