目次

大分県青年海外協力協会 > みんなの交流広場

大分県出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > みんなの交流広場

世界のことばアラカルト(番外編)

世界のことばアラカルト(番外編)
fの音のない国、フィリピン
 この夏休みは、帰国後20年以上の任国を訪れてきました。その詳細はまた別の機会に書けたらと思うのですが、今回は世界のことばアラカルト(番外編)としてfの音のない国、フィリピンについて、ちょこっと書いてみたいと思います。
 フィリピンという国は、英語ではPhilippineと書き、その読み方はfilipinと書き表されるでしょう。ところが、この国名にあるfの音は一般的なフィリピンの人には馴染みのない音です。この国の国名が、昔の支配国であるスペインの国王Phipsから来ていることを考えれば仕方がないことですが、自国の名前を正しく(?)発音できない人があまりに多いことにちょっと驚かされます。
 あまり外国人との交流がないフィリピン人の英語の特徴は、ほとんどローマ字読みであると言うことです。日本のローマ字読みと結構似た特徴があるのですが、そのことはまた別の機会に書こうと思います。日本のローマ字読みと異なるところはfの音がpになることとerとかのrの音が巻き舌で強調されることなどです。英語のfarmerとかは日本では、カタカナで書くとファーマーと言った感じだと思いますが、フィリピンではパルメルと言った感じになります(もっと臨場感を持たせるならルを巻き舌で強く発音してください)。 
 さて、今回の里帰りでは、最初に宿を取ったPasayからカウンターパートがいるQuezonCityまで、メトロマニラのほとんど南端から北端までNon Air-conのバスで行きました。今では、MRT(都市高架鉄道)を使えば、もっと便利ですし、タクシーを使ってもその料金は(別府や大分に飲みに行って日出までタクシーで帰って来ることを思えば)全然大したことはありません。でも、あの頃のようにNon Air-conのバスで行きました。問題は行き先のバス停の名前がFair Viewであることです。隊員時代、これを「フェアビュー」と言ってもなかなか理解してもらえませんでした。思いっきり「ペルビュー」と言って通じるまでにはちょっと時間がかかりました。今回、思い切って、「ペルビュー」と言って見ました。なんの抵抗もなく通じました。20年経っても協力隊OB、なかなかやるやん、とちょっとうれしくなりました。
 (63/2 フィリピン 長岡 健朗)

世界のことばアラアルト(№2)

世界のことばアラアルト(新連載!?)
形容詞と名詞の順について(補遺)
前回「形容詞と名詞の順を律儀に守ろうとする日本語」と言うことを書きましたが、一般的なことばの中に出てくる形容詞と名詞の関係以外にも、固有名詞を作る時にも日本語にはそのような傾向があると思います。今回はそのことに関して書こうと思います。
 私の出身大学である山口大学は英語表記する時はYamaguchi Universityとなります。○○大学というのはすべて○○Universityになるのかと思っていたら、東京大学はThe University of Tokyoなんだそうですね。英語では前や後ろに来る「University」ですが、「大学」は常に後ろに来ます。英語では、山や湖を呼ぶ時はMt.○○やLake○○となりますが、川の名前は○○Riverが一般的のようです。日本語では、山でも、湖でも、川でも皆最後に来ますが・・・。
 タイ語では、一般的な名詞・形容詞の語順は名詞+形容詞になります。固有名詞も同様な関係になります。大学の名称では、例えばカセサート大学ならマハウイットタユライ(大学)・カセサートとなります。ただし、ここには例外があり、タイでもっともプレステージが高いチュラロンコン大学は、チュラロンコン・マハウイットタユライとなるそうです。なんでも、昔の偉大な国王の名前をいただいているので、後には回せないそうです。
 私が中学校のことは、タイにはメコン川とメナム川という大きな2つの川が流れているとならいました。このメナム川ですが、タイではメナム・チャオプラヤ(チャオプラヤ川)と呼ばれています。つまり、メナムというのは固有名詞ではなく単に川という意味なのです。それが、なぜ日本ではメナム川になったのかの事情は知りませんが、何も知らない日本の地理学者が日本流の○○川の順序をそのままあてて、「これはメナム川と言うんだ」と勘違いしたのであればあまりにお粗末なことに思われます。ちなみに、メナムの語源はメー(母親)+ナム(水)で、水の母と言う意味で、それが川となります。このようにタイ語では簡単な単語が組み合わされ新しい単語が作り出されます。メナムのナム(水)にプラー(魚)を付けると調味料のナンプラーになり、メナム川のナムとナンプラーのナムが同じものであると言うことが分かります。
 一方、メコン川の方はタイではメナム・コンと呼ばれています。これが日本でなぜメコン川と呼ばれているのかは分かりません。英語でもMekong Riverと呼ばれているので、こちらは日本の地理学者が勘違いした訳ではなさそうです。チベットに源を発し、中国、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムと多くの国を流れる国際河川なので、何語の名称から英語名称がついたのか定説はないようです。
 今回は、タイのことがメインになってしまいました。タイの隊員・隊員OBの方、何が間違っていたらご指摘ください。
 それにしても、メコン川のことを書いていたら、タイのノンカイという静かな町に行って、メコン川も眺めながらビア・シン(シンハー・ビール)を飲みたいと言う衝動に駆られてきました。

63/2 フィリピン 長岡 健朗

4九重町便り

大分県青年海外協力協会 269-1.png大分県青年海外協力協会 269-2.png大分県青年海外協力協会 269-3.png大分県青年海外協力協会 269-4.png

スパゲティー(4九重町便り)
作り方はとても簡単で、美味しいです。
TV番組でこのスパゲティーの作り方を覚えてからは、レトルト食品で売られているスパゲティーのもと?は買わなくなりました。食品添加物が気になったのと、美味しく感じなくなったので。イタリア料理は工夫次第で、忘れられない家庭料理になると思います。下にこの料理の作り方を教えてくれた先生の料理本名を書いときます。参考にして下さい。

★トマトソース材料(2人分)
トマトホール缶詰(400g)←約100円のです
タマネギ 中 1/4(みじん切り)
にんにく 小さ目 1かけら(みじん切り)
オリーブオイル 大さじ2
水 120ccぐらい(水の量は調整して下さい)
※ 
塩 小さじ1
ブラックペッパー 小さじ1/2
オレガノ 大さじ1/2 (注、大さじですよ!)
ナツメグ 小さじ1/2

★トマトソースの作り方
1 フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りのタマネギ、にんにくを入れて、しんなりするまでいためる。
2 フライパンにトマトと水を加えて、強火。沸騰したら中火。5分ぐらい煮る。(ときどき木べらで混ぜる。トマトはスプーンでつぶす)
3 材料※以下の 塩、ブラックペッパー、オレガノ、ナツメグを入れて、弱火で15分ぐらい煮る。(ときどき木べらで混ぜる)
4 完成

★スパゲティーの作り方
1 フライパンにトマトソースを入れて、強火。ゆでたスパゲティーを入れて、混ぜる。
2 塩、ブラックペッパー、 塩こしょうなどで味を整える
3 完成
<メモ>
☆豚肉との相性がとてもいいです。お薦めです。
(フライパンで豚肉を炒める→トマトソースを入れる→ゆでスパゲティーを入れる)
☆食べるときにオリーブオイルを多めにかけると美味しいです。
(オリーブオイルは健康食品です)
☆トマトソースを大量に作って、冷凍保存して置くと便利です。
☆イタリア産のトマトを使った方が美味しいです。
☆オレガノの袋はA-price店で購入。
参考文献 「私の愛したイタリア料理(エリザ・マシアーニ著)」
とてもいい料理本です。いろいろな素朴なイタリア家庭料理の作り方が写真入りで書いてあり、分かりやすいです。(本は県立図書館にあるよ)

高村祥司~toyo

世界のことばアラアルト

世界のことばアラアルト(新連載!?)

はじめに
私が協力隊経験によって得た大きなものの一つに人間が好きになったことが挙げられます(もともと動物の方が好きだったんですが・・・)。それは、単に隊員仲間や任国の人の中で、素敵な人たちに出会ったため人が好きになったというのもありますが、異文化とのふれあいを通じて人間の文化って面白いなぁと思うようになったこともそのひとつです。文化の中でも私は食べ物とことばにいちばん興味を持っています。食べ物については他に連載があるのでここではことばについて書きます。ことばと言うと、何となく言語学とか文化系の分野のような感じですが、理科系の私にはむしろ生態学のような感覚で、人間のことばや他の文化を人間の生態のひとつとして、まるでパプア・ニューギニアにいるネッタイチョウの珍奇な生態に驚嘆するのと同じような感覚で興味を持っています。
www.ethnologue.comによりますと世界には、6,909の言語があるそうです。
たったひとつの言語でも使えるようになるには結構な労力が必要ですし、ましてマスターするなんてことは至難の業です。当然、6,909の言語をマスターするなんてことは誰にもできません。でも、協力隊員・隊員OBがそれぞれの言語に取り組む中で、今まで常識と思っていたことが、ひっくり返るような、そんな変わったことばの要素がたくさんあると思います。それは文法かも知れませんし、発音かも知れませんし、語彙かも知れません。多くの隊員・OBの皆さんにそんなことをアラカルト的に書いてもらえれば、言語という人間のひとつの面白い生態を映し出す、楽しい連載になるのでは無いかと思い、勝手に連載と立ち上げることにしました。
では、連載が続くことを信じて、私の任地のタガログ語を皮切りにしたいと思います。
タガログ語(その1:形容詞と名詞の順について)
 普通の日本人は、最低、日本語と英語は習ったことがあります。はじめて英語を習うと、日本語とはずいぶん違う点があるのに気がつきます。しかし、同じところもあります。この2カ国語しか知らないと、これら共通なところは、すべての言語で共通であると錯覚してしまいます。例えば、形容詞で名詞を修飾する時も、日本語も英語も形容詞が先に来て、次に名詞が来ます。しかしスペイン語のようにヨーロッパの言語の多くもこの順が逆になるようですし、タイ語等、アジアの言語でも逆になるものが多く、世界的には名詞+形容詞の順の方が主流なのかも知れません(皆さんの任地の言語はどうですか?)。この順番ですが、英語でもsomethingのように形容詞が後から来るような例外的な名詞もありますし、properのように名詞の前に来るか、後に来るかで意味が異なってくる形容詞もあります。
さらに英語では、形容詞句が長くなれば、修飾される名詞がどこに行ったか分からなくならないように名詞が前に出てきます。「昨日私が出会った、黄色い服を着た、きれいだけど、ちょっと性格がきつそうな女」と言ったように、頑なに名詞が最後に来る日本語という言語は、珍しい言語なのかも知れません。
 翻って、タガログ語ですが、形容詞と名詞の順番は決まっていません。例えば、黄色い花と言う時、dilaw(黄色)とbulakla,(花)という単語をnaという繋詞でつなげますが、その順番は、dilaw  na bulaklakでもbulaklak na dilawでも構わず、どちらも黄色い花という意味になります。黄色と花の組み合わせくらいなら語順がどっちでも意図するところが汲めそうですが、全ての組み合わせで、この「どっちでも良い語順」で成り立つのかちょっと不思議です。律儀に順番を守ろうとする日本語と最初からどっちでも良いタガログ語、なんとなく民族性がかいま見れるような気さえします。
 今回は、ここまでです。そのうちまたタガログ語の別の側面について書こうと思います。他の言語のことも知りたいです。よろしくご投稿願います。

63/2 フィリピン 長岡 健朗

九重町便り(その3)

大分県青年海外協力協会 260-1.png大分県青年海外協力協会 260-2.png

九重町便り(その3)カスピ海ヨーグルト
料理っこ 2
★カスピ海ヨーグルト★
 世界の三大健康食品は何だと思います?
答えは納豆、キムチ、そしてヨーグルトです。この三つに共通するのが、菌を使った発酵食品ということです。納豆は納豆菌、キムチ、ヨーグルトは乳酸菌です。キムチに関しては、私は、毎年冬場に漬けていますので、その時に作り方を紹介します。
 代表的なヨーグルトには、ブルガリアとカスピ海があります。この2つの基本的な作り方は同じですが、断然カスピ海ヨーグルトの方が作り方が簡単です。是非、皆さんも作って見て下さい!!
★作り方
 出来上がったヨーグルトから次のヨーグルトを作る場合
①牛乳とヨーグルトを10:2の割合で500ml容器(←熱湯消毒)にいれて、綺麗なスプーン(←熱湯消毒)で混ぜる。ふたをする。
(ヨーグルトは大さじ3杯くらいを容器にいれて、牛乳をいれて混ぜる)
②常温でそのまま放置。
③固まったら冷蔵庫にいれる。
(発酵時間 20~30℃ 6~48時間 気温が低いと時間がかる。 あくまで目安です)

★材料
フジッコ カスピ海ヨーグルト 手作り用 種菌セット 千円
(電話0120-15-2425 11.7.13現在)
500ml容器 100円ショップで購入

**ブルガリアは発酵温度が30~45℃なので、市販のヨーグルトメーカーを買えばいいです。
*冷蔵庫に入れて、冷やしてから食べた方が美味しいです。
*缶詰の果物と混ぜて食べると美味しいです。

高村祥司~toyo

ページ移動