目次

九重町便り(その3) - 大分県青年海外協力協会 > みんなの交流広場

大分県出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > みんなの交流広場 > 九重町便り(その3)

九重町便り(その3)

大分県青年海外協力協会 260-1.png大分県青年海外協力協会 260-2.png

九重町便り(その3)カスピ海ヨーグルト
料理っこ 2
★カスピ海ヨーグルト★
 世界の三大健康食品は何だと思います?
答えは納豆、キムチ、そしてヨーグルトです。この三つに共通するのが、菌を使った発酵食品ということです。納豆は納豆菌、キムチ、ヨーグルトは乳酸菌です。キムチに関しては、私は、毎年冬場に漬けていますので、その時に作り方を紹介します。
 代表的なヨーグルトには、ブルガリアとカスピ海があります。この2つの基本的な作り方は同じですが、断然カスピ海ヨーグルトの方が作り方が簡単です。是非、皆さんも作って見て下さい!!
★作り方
 出来上がったヨーグルトから次のヨーグルトを作る場合
①牛乳とヨーグルトを10:2の割合で500ml容器(←熱湯消毒)にいれて、綺麗なスプーン(←熱湯消毒)で混ぜる。ふたをする。
(ヨーグルトは大さじ3杯くらいを容器にいれて、牛乳をいれて混ぜる)
②常温でそのまま放置。
③固まったら冷蔵庫にいれる。
(発酵時間 20~30℃ 6~48時間 気温が低いと時間がかる。 あくまで目安です)

★材料
フジッコ カスピ海ヨーグルト 手作り用 種菌セット 千円
(電話0120-15-2425 11.7.13現在)
500ml容器 100円ショップで購入

**ブルガリアは発酵温度が30~45℃なので、市販のヨーグルトメーカーを買えばいいです。
*冷蔵庫に入れて、冷やしてから食べた方が美味しいです。
*缶詰の果物と混ぜて食べると美味しいです。

高村祥司~toyo

トラックバック一覧

コメント一覧