目次

九重町便り① - 大分県青年海外協力協会 > みんなの交流広場

大分県出身,在住のJICA(ジャイカ)国際ボランティア帰国隊員による、組織と活動の紹介ブログ。壮行会,講座,イベント出展,現地レポートなど。赴任・活動環境や派遣前訓練、現職,短期,シニア等の募集制度、倍率,給料,就職の実態。

記事一覧

ホーム > みんなの交流広場 > 九重町便り①

九重町便り①

大分県青年海外協力協会 254-1.jpg大分県青年海外協力協会 254-2.jpg大分県青年海外協力協会 254-3.jpg大分県青年海外協力協会 254-4.jpg

高村OBからの投稿です。以下本文を掲載します。

九重町便り(その1)!!

九重ふるさと自然学校は九重町の飯田高原にあり、ベトナム隊員OGの池田さんが勤務されています。活動内容の詳しくは九重ふるさと自然学校のホームページを見て下さい。
http://www.7midori.org/katsudo/sizen/kokonoe/detail/index.html とっても大切な仕事をされています!!

★体験リポート
7月3日に朝9時から、 九重ふるさと自然学校で、第2回トキのすめる田んぼづくり「ヒエ退治(雑草取り)と生きもの観察」があり、参加させてもらいました。でも、トキのすめる、てどういう意味?池田さんに聞いてみると、飯田高原を20,30年先にトキが棲めるような自然環境にするが目標みたいです。凄い、壮大な目標!!
朝からあいにくの天気、雨でしたけど、福岡、大分県から家族連れの14人の参加者。何人かは毎回熱心に参加されているみたいです。田んぼは、手が込んでいて、牛糞、鶏糞がたっぷり。有機無農薬です。田んぼの中をよく覗いて見ると、たくさんの小さな生物が生き生きと泳いでいる。田んぼに土のにおい。感動ものです。一見の価値あり!
参加した子供は、学校のスタッフに学びながら、泥んこ田んぼ雑草取り、虫取り網を持って昆虫採取、水遊び、今日は大忙し!いくつ昆虫の名前を覚えたかな? 夜はぐっすりでしょう
個人的には、昼食に出された鶏の地獄蒸しとこの農園で作ったお米が美味しかった。また食べたいな~。 次回は10/1稲刈りと脱穀みたいです。

ネパール隊員OB 高村祥司~toyo

トラックバック一覧

コメント一覧